今や、監視カメラが犯罪防止に役に立っています。

ここ数年来、街のあちらこちらや、いろんな店の中に監視カメラが設置されているのが見られるようになってきました。以前であれば犯罪の多いコンビニエンスストアや駅、繁華街またはその付近に設置されていましたが、現在はマンションやアパート、信号柱等その他にも多数の場所に設置されています。都内某所の商店街は数年前までは万引き等が多いということで、たった数百メートルの商店街のあちこちに数多くのカメラを設置しました。そうしたところ、犯罪が激減したということを最近耳にしました。現在はカメラに映った人物を解析する技術も目覚ましく進歩し、個人を特定できるまでになりました。やはり、そういったことを考えると犯罪が激減し平和な商店街に戻ったということも納得できます。逆に、ごく普通の人達にとって、カメラに監視されるというのはあまり気持ちのいいことではないということも事実のようです。しかし、犯罪が多発している今、仕方のないことなのかもしれません。

監視カメラの役割と機能

監視カメラは、防犯、防災、計測、記録などの目的で監視を行うためのビデオカメラのことをいいます。防犯カメラの場合、その目的は、監視していることによる犯罪抑止効果と犯罪が起きたときの証拠確保があります。前者にあっては、人の目につく場所に設置され、後者にあっては目立たない場所に設置されます。カメラには死角もありますし、故障や破壊されることもあるので、複数のカメラを設置することもあります。商店街や人ごみの多い公共の場所での監視カメラを設置することは、肖像権やプライバシーの侵害といった問題があります。しかし、普通にカメラは設置されていますので、防犯カメラ作動中という看板がカメラに設置されています。また、個人の住宅へのごみの投げ入れを防ぐためにカメラを設置することも多く、場合によっては抑止効果に期待してダミーのカメラを設置することもあります。

監視カメラの防犯効果

近年監視カメラが街のいろんなところに設置されるようになってきております。それは、街中の電柱、交差点などの公共の道路などに設置されるようになってきております。今までは、コンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどの店内でした。それは、お店の防犯のためでした。なぜ、監視カメラを付けると防犯機能となるのか、それは、カメラに映る画像を一定期間録画しているからです。お店にカメラを付けると、強盗が入ってきたときの映像を録画できます。強盗の特長が録画されることで、モンタージュ写真、似顔絵よりもはっきりとした映像が得られます。また、駅、街中にの防犯カメラは、犯人の逃走経路の調査に役立ちます。警察の捜査としては、犯人の映像、逃走経路が分かることで犯人逮捕と事件の早期解決に役立ちます。そんなカメラの近くに犯罪を行う人は寄り付かないので防犯効果になります。

当社では、防犯カメラの販売を行うだけでなく、防犯システムの構築や設置工事なども手掛けており、より効果的な防犯対策が可能となります。 「YKmusen」は秋葉原の防犯カメラや監視カメラなど特殊カメラの専門店で、対象エリアを限らないネットショッピングも可能です。 一般企業を始め、官公庁への納入実績も多く、お客様と信頼し合える会社であり続けます。 ボリュームお値引きも対応可能です。 監視カメラのことならワイケー無線へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)