高齢化社会の日本にとって、福祉機器はとても大切なものになっています。高齢者の方の手や足のお手伝いをしてくれる、なくてはならないものになります。そんな福祉機器の中に、階段昇降機というものがあります。この階段昇降機は本当に便利なものなのでしょうか。高齢者の方が二階などに上がる際、足が不自由だととても大変ですよね。そんな時、この階段昇降機に乗ることで、足を使わなくても座った状態で二階まで上がることが出来ます。二階に部屋がある人にとってもとても便利です。また、階段を上る際、人の手を借りるのが億劫だという人もいるかもしれませんが、そういった人でも自分で人の手を借りる事がなく上がる事が出来るので大変役立つ物になっています。現在では体の不自由な人達に利用されており、需要が高まりつつあります。是非利用してみましょう。

階段昇降機は老人のいる家庭には必要です。

階段昇降機は足腰の弱っている老人がいる家庭にはなければならないものです。これがないと足腰の弱った老人は二階へあがることができません。家の中を自由に動ける方が老人は痴呆症になる可能性が低くなるようです。動きが少ないと痴呆症になる可能性が高くなります。したがってその意味においても階段昇降機を家につけるのはいいことです。ただこれは結構高額です。しかも使うのは老人だけで他の者は使いません。だからちょっと無駄な感じもしますが老人がいれば仕方がないとあきらめることです。団塊の世代が老齢期に入りかけています。これかますます足腰の悪い老人が増えます。したがってその世話で大変な家庭が増えることになるのです。これからこれが威力を発揮する時代が来ます。団塊の世代の影響で老人が急激に増えて老人ホームが不足する時代が来そうですが、そうなるとますます階段昇降機の必要性が出てくるはずです。

階段昇降機は階段にレールを取り付けるタイプ

一戸建ての住宅では二階建て、三階建てのことがあります。となると必要に応じて二階に行ったり三階に行く、また一階に戻る等が必要になります。若いころや足腰に特に不安がない頃はいいのですが、弱ってきたりすると大変です。そもそも歩けない場合は階段を昇ること、降りることができません。誰かにおんぶをしてもらったりしないと昇降ができません。一階のみで生活するようになることもあります。階段昇降機と呼ばれる設備を設置することで二階や三階などにも自由に行けるようになるかもしれません。これは階段部分にレールを設置し、その上を椅子などで移動できるようになっているものです。自動的にどんどん上がったり下がったりします。座ったままの状態ですから、自分の足を使う必要はありません。座るときにはそこまで行く必要がありますが、這って移動ができればなんとか使えます。

利用者が安全に利用出来るように、安全対策は万全です。 高齢者の転倒転落事故は寝たきりになる主な原因です。 ご自宅の階段に合わせて自由に設計。 座ったまま昇り降りできるので、転倒の危険を防止します。 「自宅で住み続けたい」という高齢者の願いを実現する商品です。 昇降機が離れている場合はスイッチ一つで呼び戻せます。 階段昇降機なら株式会社福祉スタジオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)